土鍋生産地 三重県伊賀


伊賀焼とは・・・

三重県伊賀市を中心に作陶される伊賀焼。遡ること約1200年前、農民が農業用の種壺や生活雑器を焼いていたことが始まりとされています。室町時代、茶の湯の文化が成立する頃には多くの茶陶(古伊賀)が焼かれ、「侘び」「寂」の自然美を体現する当時の作風が、千利休を初めとする茶人たちの脚光を浴びました。織田信長の天正伊賀乱によって焦土と化し一時は存続の危機を迎えますが、侘び茶が大成した桃山時代には、伊賀国領主の筒井定次や武将茶人 古田織部の指導によって再び茶陶が復活します。歴史の中で幾度も興廃を繰り返したのち、江戸時代以降に、伊賀土の特性を活かした土鍋や行平、土瓶といった民具を中心とした今の伊賀焼に変化していきました。

 

伊賀焼の魅力「七度焼」


Photo by 伊賀焼振興協同組合

伊賀焼の大きな分岐点でもあった古伊賀の茶陶は別名「七度焼」と呼ばれ、高温で何度も繰り返し焼き上げて作陶されました。焼成中に器肌に降りかかった薪の灰が溶け「自然釉」と呼ばれる緑色のガラス質に変化し、計算外の景色を作り上げます。また黒い焦げ、山割れが自然と生じ、その一期一会の出来上がりや無骨で力強い作風が侘び茶の美意識に通じ、茶人から「破調の美」と賞賛され、大名間でも珍重されていました。当時は茶の湯の精神や心遣いが取り入れられた茶壷、茶入、花入、水差などが多く生産されています。この頃に、産地が山を挟んで隣同士の距離にあり当初は伊賀焼と区別がつかなかったとされる「信楽焼」と比較し、「伊賀に耳あり、信楽に耳なし」という言葉が生まれました。その後の伊賀焼には一対の耳のある作品が増えていくこととなります。

 

古琵琶湖は土鍋に適する

伊賀周辺の陶土は、約400万年に存在した琵琶湖の前身である古琵琶湖(こびわこ)が隆起してできた古琵琶湖層から採掘されています。この土には生物や植物の遺骸が多く含まれ、高温で焼くほどに有機物が燃え尽き発泡することによって、土の中に幾つもの気孔が生まれます。この"呼吸する土"とも呼ばれる遠赤外線効果の高く蓄熱性のある多孔質な土を使った伊賀焼は、食材を芯まで温めたり、火からおろしても保温効果がある為、日本人の日常生活に重宝されてきました。土鍋をはじめとした耐熱食器制作の技術や耐火性の優れた伊賀焼の持ち味を活かし、今でも現代の生活に合わせた製品が生産されているのです。

 

豊かな山からの恩恵



伊賀周辺は、薪に最適な赤松の森林が豊かであり、陶器生産において重要な良質な陶土と資源が豊富であったことも伊賀焼の発展に貢献しました。茶陶伊賀(古伊賀)、現代の伊賀焼(再興伊賀とも呼ばれます)を通じて伝統技術を継承し、時代にあった物作りを続けてきた伊賀焼は、1982年に国の伝統的工芸品に指定されています。茶陶の時代に伊賀焼の特徴として取り入れた一対の耳は現代の土鍋にも見られ、"手で持つところ"といった実用的な意味を超えて装飾的なアイデンティティーを持ち合わせ不思議な形が見受けられることも。他にも、絵付けの代わりにヘラ工具で波状の線を描いたり、歪みや凹みをわざとつけたりと、造形美を楽しむことができるのも伊賀焼の特徴です。

 

最後に・・・

 

 

長い歴史の中で変化を遂げた伊賀焼は、現代では日用雑貨として身近に感じることのできる伝統工芸品です。土鍋の取手、器の造形、自然釉の景色を楽しみながら、ぜひ、気になる方は作品をチェックしてみて下さいね。