OBORO LOCAL PROJECT

-

福岡伝統工芸 上野焼


上野焼の歴史

上野焼の歴史は1602年から始まります。茶道の礎を築いた千利休から教えを受けた豊前小倉藩初代藩主・細川忠興と、李朝の陶工・尊楷の出会いから生まれた焼物であり、主には茶道具として作られました。徳川時代になると遠州七窯の一つとして選ばれるほどに、茶器としての知名度が高く完成度の高い作品が多くありました。

Photo by 福岡伝統工芸品 HP

しかし、江戸時代から明治時代に変わり、藩制度がなくなった際、藩からの保護がなくなった上野焼は一度途絶えてしまいました。明治35年に田川郡の補助を受け復活し、今に至っています。

上野焼の特徴

上野焼の特徴としては、“質素で静かなもの”を意味する茶道の精神「侘びさび」が色濃く反映された茶陶らしい薄造りと、一度は途絶えかけた、伝統から一度離れたことによる多彩な表現が挙げられます。またなんといっても、銅由来の緑が印象的な釉薬を流れるようにかけた「緑青流し」は上野焼を象徴するデザインとなっています。

私たちのオンラインサイトで取り扱わせて頂いている庚申窯さんの作品をご紹介します。1971年に築窯し、親子三代で作陶されており、伝統的な緑青流しに加え、多様な表現の作品を作っております。

ぜひ、気になる方は作品をチェックしてみて下さいね。

OBORO LOCAL PROJECT

日本に根付いた文化、精神、技。現代を生きるヒントとなる禅の教え。日出る神秘の国で今も受け継がれるモノ・コトとは?

もっと見る