OBORO LOCAL PROJECT

-

日本六古窯とは


「日本六古窯」とは、中世から現在に至るまで続く陶磁器窯の代表として称される越前、瀬戸、常滑、信楽、丹波、備前の6つの窯を総称するもので、昭和23年に小山冨士夫氏によって命名され、平成29年には「日本遺産」に認定されました。それぞれの窯はその地域の風土や土・経済環境に影響を受けながらそれぞれが歴史ある唯一無二の陶磁器へと熟成されていきました。

出所:旅する、千年、六古窯より

越前焼

福井県越前町の越前焼は、六古窯の中で唯一日本海に面する地域で、素朴な作風と高い耐火度を持つ赤色の土が特徴で、その耐寒性から越前赤瓦として越前以北の日本海沿岸に広く流通しています。

瀬戸焼

愛知県瀬戸市の瀬戸焼は、日本の陶都と称され、平安時代以前から陶器の生産が行われていました。特に六古窯で唯一施釉陶器である「古瀬戸」を生産し、江戸時代後期には磁器生産も開始され、日本屈指の窯業地として確立しました。

常滑焼

常滑焼は愛知県常滑市にある窯で、焼締という釉薬を用いない製法で大型の壺や甕を生産し、海路を利用して日本全国に運ばれていました。また、江戸後期からは中国の急須を模した朱泥の茶器が生産され、現在も代表的な生産品となっています。

信楽焼

滋賀県甲賀市の信楽焼は、焼締陶器であり、焼成による多様な景色が特徴です。この地では、大甕や壺を生産し、日常品の焼造も行われています。安土・桃山時代には茶陶や、土瓶、火鉢、建築用材など多様な製品が生産されています。

丹波篠山焼

兵庫県丹波篠山市の丹波焼は、自然釉による偶然の装飾が美しいと評価されています。江戸時代初期から登窯や灰、鉄などの釉薬、ロクロ成形が行われ、生活に密着した焼物の制作が続けられています。

備前焼

岡山県備前市の備前焼は、中世後半から堅牢なすり鉢などの需要が生まれ、織豊期には素朴な焼締の風合いが茶人に好まれました。釉薬を使わないことから生じる様々な窯変が現在も愛好家を生んでいます。

それぞれの窯はその地の自然や歴史、技術の進化と共に変化し進化してきたことが見て取れます。その多様性と豊かさは、日本のやきもの文化の深さを物語っています。

OBORO LOCAL PROJECT

日本に根付いた文化、精神、技。現代を生きるヒントとなる禅の教え。日出る神秘の国で今も受け継がれるモノ・コトとは?

もっと見る