OBORO LOCAL PROJECT

-

長崎県の焼物産地 波佐見


長崎県の中央北部に位置する波佐見。波佐見焼の産地として有名であり、400年以上の歴史を持ちます。現在でも日用食器の約16%のシェアを誇るなど我々の日常とも密接にかかわりのある町です。波佐見のサイズは総面積約56㎢、人口は約1万5000人である小規模な町であるにも関わらず、日本を代表する焼物の産地の1つになっているのには、その土地が持つ性質が大きく関係します。現在でも2~3割の人が焼物従事者であり、1万5000人の人口の多くが陶磁器を中心に生活しており、まさに陶磁器の町であることが伺えます。

 

波佐見の歴史

波佐見焼は、安土桃山時代に朝鮮半島から渡来した陶工たちによって開窯されました。当初は土ものの陶器が中心でしたが、波佐見町のすぐ隣の三股で白い磁器に使われる陶石が発見されると本格的に磁器生産を開始します。波佐見は中尾山の谷に形成されており、ここには三股とつながる山越えルートがあり、陶石が運ばれていました

谷にそって形成される波佐見のまち 山からは陶石がとれる

 

波佐見焼の特徴

波佐見焼の特徴は、白磁の美しさと、呉須(藍色)で絵付けされた繊細な染付の技術。時代に合わせて改良を続けながら、庶民の器としてさまざまな日用食器が誕生しました。唐草模様を筆で簡単に描いた「くらわんか碗」は丈夫で壊れにくく、波佐見焼の代表作です。

中川政七商店 HP

 

人口約1万5000人の小さな町で高品質、大量生産を可能にしたのには「分業制」の採用が大きく関係しています。陶磁器の石膏型を作る「型屋」、その型から生地を作る「生地屋」、生地屋に土を収める「陶土屋」、その生地を焼いて商品に仕上げる「窯元」等の体制を整えたことも大きな特徴です。分業制によって各工房がその仕事に特化した技術を高め、波佐見焼全体のレベルも向上してきたため、今でもなお生産量が多い町なのです。

 

路地と山 波佐見の風景

なんといっても波佐見で息をのむのは山の谷間に形成された坂道の美しい自然と細道でしょう。山の谷間に16もの窯元が立ち並び、急な坂道沿いに自然の形にそった路地空間はなんとも言えないノスタルジックさを与えてくれます。また、その路地からでると中尾山に囲まれた景色で息をのむ、こんな町は世界にもそうないのではないでしょうか。

今ではどこでもモノ/コトを享受できる時代ではありますが、日本に古来からある美的感性や住まい方を学ぶことで自分たちの生活を豊かにするヒントがあると考えます。我々は日本古来の美的感性に繋がるまち/建築/工芸/食の発信に加え、手工芸品を中心としたセレクトショップを展開しています。気になる方はセレクトショップの方も是非ご確認ください。

OBORO セレクトショップリンク

OBORO LOCAL PROJECT

日本に根付いた文化、精神、技。現代を生きるヒントとなる禅の教え。日出る神秘の国で今も受け継がれるモノ・コトとは?

もっと見る