OBORO LOCAL PROJECT

-

「金継ぎ」と「ぼろ」:繕う「わびさび」


 

日本の「繕う」という美意識

日本には「わびさび」という美意識がありますが、その概念を形成する一つに傷跡や修復跡を繕い、それら修復跡を楽しむ文化が存在しています。 陶磁器では金継ぎによるひびの修復、布では穴が空いた衣類等を継ぎはぎするボロが有名でしょう。サステイナブルという文脈で現在世界から再評価を受ける「繕う」という考え方が、どのようなものでどのような歴史的経緯で誕生したかを、「金継ぎ」と「ぼろ」を例に取り説明していきます。

 

出所:日本金継ぎ協会 HP

 

金継ぎの歴史

「金継ぎ」(金繕い)は、陶器などの割れや欠け、ひびなどを修復する日本の伝統的な修復技法です。 歴史については諸説ありますが、今のような金継ぎ技術が誕生したのは今から400年以上前の安土桃山時代から江戸時代ごろ、「茶の湯」の時代といわれています。 「茶の湯」とは千利休が大成し、極限まで無駄を省く「わび茶」という茶道の様式を完成させたものです。この様式は現在の茶道でも続いており、日本の文化として根強く残っています。当時、茶の湯は大名や大商人など大きな富を持った権力者の趣味として楽しまれていました。使用する器は、丁寧に扱っていても割れや欠けが生じることがあります。そんな器を修理して大切に使おうという考え方から、今行われている金継ぎのベースが生まれたのです。技術として確立したのは「茶の湯」の時代からですが、縄文時代にもすでに土器を漆で継いだ跡があるなど、割れたものを修復するという行為自体は数千年前から続いています。

 

出所:日本金継ぎ協会 HP

金継ぎの技法

金継ぎの技法は、割れたり欠けたりしてしまった陶磁器や漆器などを漆でつなぎ、修復する方法です。漆は、ウルシの木やブラックツリーの木から採れ、乾燥させると人体に無害で非常に強力な硬化作用を持ちます。天然の強力接着剤とも言えます。 金継ぎでは傷跡を景色としてとらえ、継ぎ目を金や銀などの金属粉で装飾していきます。傷をなかったことにするのではなく、傷もその品物の歴史と考えて、新しい命を吹き込むという理念のもと、金継ぎは行われています。

 

出所:堤淺吉漆店 HP

 

襤褸(BORO)の歴史

ボロの歴史は江戸時代以前から始まります。 非常に寒く豪雪でも知られる東北・北陸地方などでは、その寒さに耐える主な防寒具は着物などの衣類だけでした。しかし当時の衣類は非常に高価なものであったため、新しいものを買う余裕がある農民・漁師などはほとんどいませんでした。 そのため、彼らは同じものを毎日のように着続け、そうするとどうしても肘や裾の部分が擦り切れ、破れてきてしまいます。 極寒の中で生活をする上で、穴が空いた衣類を着ていては寒さに耐えきれなくなるため、麻布やボロ切れ、古い布団などをツギハギして縫い合わせていくことで、古くなった服を補強して着続け、それらを次の世代、またその次の世代へと受け継ぎ、それが現代にまで残っているというわけです。

 

出所:Heddels HP

「ぼろ」の技法

“ぼろ”の技法は、布や衣類を長持ちさせる方法として青森で生み出されました。衣類の擦り切れた部分を修繕し、厚みを増やして寒さをしのぎやすくするために、藍染の麻布の端布を縫い付けます。今ではパッチワークとして知られますが、布の継ぎはぎがぼろの原点となります。 しかし、戦後になって木綿が手に入りやすくなると、この伝統的な“ぼろ”が日常生活から姿を消し始め、今では「ぼろ」は非常に高価な値段で取引されるものがあるなど、芸術的な価値を高めています。私が骨董市に行った際にも海外有名オークションの方が「ぼろ」を千億円あたりから出すというような話を聞くなど、根強いコレクターがいるようです。加えて、デザイナーからのインスピレーションの源となるなど、ルイヴィトンやヨウジヤマモト、三宅一生等も「ぼろ」からインスピレーションを受けた作品を制作しています。

 

出所:Heddels HP

 

「繕う」という美意識を日常に取り込む

「金継ぎ」や「ぼろ」は環境にやさしいだけでなく、当たり前の日常や、ささいな出来事に小さな幸せを感じることができるような美意識を与えてくれます。日常に小さいな幸せを発見することができたら私たちの人生はより良い方向に向かうと思いますし、そんな幸せの発見を「金継ぎ」や「ぼろ」は教えてくれているような気がします。

今ではどこでもモノ/コトを享受できる時代ではありますが、日本に古来からある美的感性や住まい方を学ぶことで自分たちの生活を豊かにするヒントがあると考えます。我々は日本古来の美的感性に繋がるまち/建築/工芸/食の発信に加え、手工芸品を中心としたセレクトショップを展開しています。気になる方はセレクトショップの方も是非ご確認ください。

OBORO セレクトショップリンク

 

 

参照リンク

日本金継ぎ協会 | 日本金継ぎ協会のホームページです。失われつつある日本の伝統的な技術である「金継ぎ」及び「精神性」を正しく承継し、現代的な解釈と安全性を持って持続可能な文化、アートとして、国や地域にとらわれる事なく「金継ぎ」を伝承していく事を目的としています。 (japan-kintsugi.jp)


【日本の伝統技法】「金継ぎ」とは?その歴史や魅力を徹底解説 - 金・貴金属ブランド買取のおたからや (otakaraya.jp)


 金継ぎとは?歴史や技法・戦国時代の茶人が愛した理由・魅力や講座も紹介 | 和樂web 美の国ニッポンをもっと知る! (intojapanwaraku.com)

BORO(ぼろ)の誠実な愛日本の古い衣類を収集する - PAPERSKY

150年の時を繋ぐ服。「BORO」が世界で注目を集める理由。 | TABI LABO (tabi-labo.com)

【襤褸(ぼろ・らんる)】の歴史とは (countrygentleman.co)


 

OBORO LOCAL PROJECT

日本に根付いた文化、精神、技。現代を生きるヒントとなる禅の教え。日出る神秘の国で今も受け継がれるモノ・コトとは?

もっと見る