OBORO LOCAL PROJECT

-

六古窯 信楽焼の魅力


信楽焼とは・・・

滋賀県信楽町で作陶される信楽焼は、天平時代に生まれたと言われる日本六古窯の1つで、聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)を作る時に、瓦を焼いたのが始まりと言われています。その後、琵琶湖の南にいた須恵器の陶工集団と、常滑の影響を受けて信楽焼の焼締は成熟していきます。

 

釉薬をかけない焼締の魅力

信楽焼は焼締と言われる土そのものの味を楽しむ焼物です。焼締は我々が普段使用しているツルツルした釉薬がかかった器とは違い、釉薬は使わず、成型した土をそのまま焼く荒々しさを残した焼物となります。

 

茶人にも愛された侘びのある佇まい

水瓶、種壺、茶壺、茶器、徳利、火鉢、植木鉢など大物から小物に至るまでの幅広い製品群があり、焼締である信楽焼独特の「わび」「さび」を残した焼物として今日まで続いております。「茶の湯」「生け花」「能・狂言」といった文化を形成した日本文化の萌芽ともいえる室町時代では、地理的に近い京都や大阪の茶人が自然な佇まいに「美」を見出し、大きく注目を集めました。

信楽周辺地域は、琵琶湖の前身である古琵琶湖(こびわこ)が隆起してできた古琵琶湖層の上にあります。現在の三重県伊賀付近に約400万年前に誕生した古代湖「大山田湖」が長い年月をかけて現在の琵琶湖の位置に移動してきました。その過程で、湖の底に土砂や動植物の残骸などが堆積したのが古琵琶湖層で、やきものに適した土として信楽焼に用いられています。 信楽は人々が暮らす集落を山々が囲んでいます。山の斜面は窯を築くのに適し、窯の燃料となる薪を得ることもできます。地理的にも焼物に適した土地であることが伺えます。

 

信楽焼の特徴

信楽焼の特徴は浮き出した長石粒、粗い土肌に溶けかかる自然釉や焼く赤色に変化する土質が挙げられます。信楽の土は焼成前は白く、土の中に含まれる鉄分によって緋色へと変化します。また、長石粒は溶けやすく、焼くと餅のように膨れ破裂します。また、珪石粒は溶けにくく、角ばった原型をとどめたまま焼成後も残ります。このような400万年前の古琵琶湖の恩恵を受けながら、独特の景色を形作っているのです。

 

扱わせて頂いている作家さんご紹介

私たちのオンラインサイトで取り扱わせて頂いている谷さんの作品をご紹介します。伝統的な信楽焼の緋色や長石粒/珪石粒を感じることができる作品に加え、信楽の土の良さをそのまま残した作品をございます。

 

ぜひ、気になる方は作品をチェックしてみて下さいね。

OBORO LOCAL PROJECT

日本に根付いた文化、精神、技。現代を生きるヒントとなる禅の教え。日出る神秘の国で今も受け継がれるモノ・コトとは?

もっと見る