OBORO LOCAL PROJECT

-

月とともに過ごす、日本の秋 月見の歴史とその魅力


平安から続く月見の歴史

月見とは日本の伝統的な行事で、秋の夜空に浮かぶ美しい月を愛でる風習です。月を見るという風習は日本では縄文時代からあったといわれます。月は夜を治める神として信仰されてきました。その後、名月を観賞するという風習は平安初期に中国唐から伝わったとされています。その頃から月は和歌のテーマとして長く愛されてきました。月の光は今も昔も不変のもので、その美しさと神秘性が人々を魅了してきました。

 

 出所:錦絵で楽しむ江戸の名所

 

中秋の名月

特に、旧暦の8月15日の月は「中秋の名月」や「十五夜」と呼ばれ、一年でもっとも美しい光を放ちます。この夜には、秋の夕べにひときわ大きく昇る満月を愛でる月見が行われます。また、満つる直前の不完全な9月13日の月も「十三夜」として愛でられています。秋は空気が澄み、一年でもっとも月がきれいに見える季節です。秋の月の高さ(高度)は夏と冬のちょうど中間に位置し、満月が四季の中でもっとも見やすくなります。また、月見の行われる秋は、農作業が一段落する時期であり庶民も時間があったため月見が定着したとも考えられます。

 

 

旧暦と月の満ち欠けの関係 :漁業と農業

日本で使用されているグレゴリオ暦が採用される前には、太陰太陽暦が使われており、これを一般的に旧暦と呼びます。太陰暦は月の満ち欠けが基準で、新月をその月の1日とし、三日月は3日、満月は15日などと呼びます。月の満ち欠けは潮の満ち引きに影響し、漁師にとっては分かりやすい指標でしたが、一年を正確に測れない指標は農業には不向きでした。そのため、1年を正確に測ることができ、農業にも適しているグレゴリオ暦へと移行していきました。

 

出所:弊社デザイン、2023年月の満ち欠け表

 

月と建築の調和 ――京都・桂離宮の月見とその美学

秋の風情を感じるための行事として、日本では古くから「月見」が行われてきました。特に、京都の桂離宮は、月見と建築の美学が見事に融合した場所として知られています。

桂離宮は、江戸時代に造営された皇室関連施設で、日本の建築・庭園の最高峰とも称されています。広大な敷地内には、「月波楼」や「月見台」など、月に関連する名前のついた建築物や庭園が点在しています。これらは、室内や庭園から月を眺めることを目的として設計されたもので、月見が皇族や公家にとっていかに重要な行事であったかを物語っています。

出所:公益財団法人菊葉文化協会、月見台

 

月見と日本の伝統文化

月見は、日本の伝統文化の一つであり、その歴史と風習を知ることで、より深くその魅力を理解することができます。次のお月見の際には、この歴史を思い出しながら、美しい月を愛でてみてはいかがでしょうか。

出所:弊社デザイン

今ではどこでもモノ/コトを享受できる時代ではありますが、日本に古来からある美的感性や住まい方を学ぶことで自分たちの生活を豊かにするヒントがあると考えます。我々は日本古来の美的感性に繋がるまち/建築/工芸/食の発信に加え、手工芸品を中心としたセレクトショップを展開しています。気になる方はセレクトショップの方も是非ご確認ください。

OBORO セレクトショップリンク

OBORO LOCAL PROJECT

日本に根付いた文化、精神、技。現代を生きるヒントとなる禅の教え。日出る神秘の国で今も受け継がれるモノ・コトとは?

もっと見る