古くから日本各地で作られ、それぞれの風土と伝統を映した作風が見られる陶芸作品。自然と人の身体を使ったシンプルな芸術であり、だからこそ人々の心を魅了する。都内で陶芸作品を鑑賞できるオススメミュージアム2選をご紹介いたします。

菊池寛実記念館 智美術館

菊池寛実記念館智美術館 HP

虎ノ門の閑静なエリアに静かに聳える「菊池寛実記念館 智美術館」。2003年4月に開館されたこちら美術館、展示品は創設者(菊池智氏)のコレクションである現代陶芸に特化されている。

まず私たちを出迎えるのは、玄関ホールから地下の展示空間に繋がるガラスの手すりが飾った螺旋階段。心を躍らせながら奥の展示室にそっと足を踏み入れると、奥に待ち受けているのは丁寧に一点ずつがスポットライトで照らされた陶芸作品だ。

菊池寛実記念館智美術館 HP

作品の展示はガラスケースに入れず、そのままの姿で陳列されている。360度景色の違う陶芸作品を、近くで、見たい角度から鑑賞できるのはとても嬉しい。

隣接のカフェ<茶楓>からは百年ほどの歴史のある日本庭園や洋館(国重要文化財)が眺められる。どこからか隠れ家的な安心感や温もりを感じる空間。現代陶芸に関心のある方は特に、心を魅了され続ける体験となるだろう。

 

五島美術館

五島美術館 HP

茶の湯文化に関心がある方にオススメしたい世田谷区、五島美術館。東急グループの礎、五島慶太の秘蔵コレクションである国宝<源氏物語絵巻>を始めとする、書跡類、日本画、書跡、陶磁までが展示される。毎年秋から冬にかけての古伊賀展、茶道具取合わせ展では、千利休、古田織部や長次郎にまつわる逸品が気軽に見ることができるので是非チェックを。

五島美術館 HP

美術館の利点は、作者、作者の背景、作品のストーリーが文字で読めることでもあると思う。こちらの美術館では音声ガイドもあり、より作品への理解を深め、鑑賞に没頭することができる。

GANREF HP

そして、約6000坪もある五島美術館の敷地内には都内では珍しい大きな日本庭園が広がっている。展示を見終わった余韻に浸りつつ、日本の四季折々の表情を堪能できるといった魅力も持ち合わせた美術館だ。

我々は日本古来の美的感性に繋がるまち/建築/工芸/食の発信に加え、手工芸品を中心としたセレクトショップを展開しています。気になる方はセレクトショップの方も是非ご確認ください。

OBORO セレクトショップリンク