$28.00
 

谷 穹 信楽焼 ちょく

日本六古窯のひとつである信楽焼(滋賀県)
12世紀頃から始まる日本の美意識の根幹とも言える古信楽を作陶のベースに据えている谷 穹氏のちょく(猪口)

藻のような深緑色のまだらな釉薬模様や、釉薬の間から感じるざらざらとした土の肌触りは、どこか体になじんでいくような印象を与えます。

深緑色のちょくに日本酒を注ぐと、奥行きを失うような感覚におちいり、お酒をついつい飲みすぎてしまいそうです

 高さ 6.5cm
 直径 5cm