$31.00
 

谷 穹 信楽焼 ひさご

日本六古窯のひとつである信楽焼(滋賀県)
12世紀頃から始まる日本の美意識の根幹とも言える古信楽を作陶のベースに据えている谷 穹氏のひさご

藻のような深緑色のまだらな釉薬模様や、釉薬の間から感じるざらざらとした土の肌触りは、どこか体になじんでいくような印象を与えます

ひさごとは「ひょうたん」のことで、水や酒をいれる容器として使われていました。日本酒を飲むのにも使っても良し、愛らしい丸みは飾っても良しの作品です

 高さ 7cm
 直径 5.5cm