$577.00
 

谷 穹 信楽焼 茶碗

日本六古窯のひとつである信楽焼(滋賀県)
12世紀頃から始まる日本の美意識の根幹とも言える古信楽を作陶のベースに据えている谷 穹氏の作品

少し傾きのある端正な形の茶碗

緋色と長石の景色は信楽焼らしさを演出するとともの、美しい深い見込みはモダンな印象を与えます

見込みの緋色も美しく、眺めてもお使いになれる茶碗です

抹茶をたて、約800年前の歴史を楽しんでみて下さい

※木箱梱包での発送であり、発送に2~3週間程度かかります

 高さ 10.5cm
 直径 11cm