$48.00
 

谷 穹 信楽焼 山茶碗

日本六古窯のひとつである信楽焼(滋賀県)
12世紀頃から始まる日本の美意識の根幹とも言える古信楽を作陶のベースに据えている谷 穹氏の山茶碗

薄く焼きしまっている山茶碗は見込みの鏡(茶碗の内部底)も大きいため、様々な使い方ができそうです

焼成時による火色を付けないように匣鉢(耐火性の箱)に入れて焼成する白シリーズは、焼きしまって薄い土がそのまま器となったような不思議な印象をもちます

非常に美しいフォルムと色味は茶碗としてはもちろん、置いておくだけでインテリアとしても使えます

 高さ 25cm
 直径 16.5cm